商業登記

商業登記

会社は商業登記簿に登録されることで、法人格を取得します。会社設立登記を始め、会社法に定められた事項を登記して「私たちの会社はこんな会社です」と世間に公示して取引の安全を守るための制度です。
しかし、会社は登記だけすればよしではありません。会社の成長に合わせ、企業コンプライアンスの問題、事業承継に絡む法的問題、経営者の責任、株主への対応など経営者の悩みは尽き無いものです。
地域を支えてくれるのは「地元の中小企業」と共に働く皆さん方だと私たちは考えています。そんな中小企業の経営者の方々の相談相手として一緒に考え、行動しトいきたいと願っています。


商業登記

Q 会社登記簿には、どのような事柄が登記されますか?

会社の商号、本店、事業目的、資本金、発行可能株式の総数、役員の住所氏名、公告の方法などです。
これらの事柄に変更がある場合には、原則として変更から2週間以内に登記する必要があります。

Q 自社の定款が見当たりません。どうしたらいいですか!?

Q 自社の定款が見当たりません。どうしたらいいですか!?

株式会社設立に際して定款作成は必須要件です。定款には商号、本店、事業の目的、発行可能株式数、発行済株式数、資本金、公告の方法などを定め、公証役場で認証してもらいます。こうして作成した定款は一般に原始定款といいます。
その後、会社の本店や目的が変わると定款の内容も変わることになります。そのような場合には、その都度最新の定款を作成することになります。(認証は必要ありません)
定款は会社の基本となるものですから、各所で提出を求められることも多いですので、見当たらないようでしたら、早速最新版定款を作成し、保管されることをお勧めします。

Q 定款を変更したいのですが…

株式会社の定款は、商号、事業目的、本店所在地、公告方法、株式、資本金などについて会社の根本規則を定めている重要な書類です。また、定款に記載しないとその事項の効力が認められない事項もあります。それらを変更したり、追加するには株主総会の決議が必要です。定款は会社の憲法のような重要なものですから、その決議には議決権を有する株式数の過半数以上が出席し、その3分の2以上の賛成(特別決議)が必要です。

Q 株式と社債の違いを教えてください

Q 株式と社債の違いを教えてください

企業が事業資金を集める方法には、株式を発行し新たな出資者を募る方法と社債を発行し投資を募る方法があります。
株式は返済の義務のない出資金ですが、社債は一定期間後に利子を付けて返済することを約束した借入金です。どちらも一般から企業が直接資金を調達する方法である点では同じですが、社債は株式に比べて短期間で発行できることや、株式価値に影響しないなどから、資金調達方法として検討する未公開会社もあります。
返済に代えて「新株予約権付社債」として一定期間と条件を定め株式に変更できる社債もあります。

悩みを解消する第一歩!

まずはお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ