許認可申請

許認可申請

法令にさだめる事業を始めるときの営業許可、建設業で一定規模以上の業務を行おうとするときの建設業許可など、官公署の許可申請、認可申請が必要です。宅地開発、調整区域での建物建築など土地利用計画にも都市計画法や農地法に定められた許可届出が必要です。
業種やケースにより様々な許可認可制度が定められていますが、許可を受けることで、法令により保護され安心して事業が展開できますし、企業の社会的信用を高めることができます。


許認可申請

Q 許可認可手続きには種類がありますか?

大きく分けて「営業に関する許可認可手続き」と「法令に定められた行為をする場合の許可届出」に分けられます。
前者には運送業、倉庫業の営業許可と産業廃棄物処理業、人材派遣業を営業するための届出許可、建設業許可などがあります。後者には、宅地造成のための都市計画法の開発許可、市街化調整区域内の建築許可、農地を農地以外に転用するための農地法の許可届出などです。
その他に、「人」に対するものに外国人在留許可、日本国籍取得(帰化)などもあります。
いずれも煩雑で膨大な書類作成が必要なことから、専門知識を持った行政書士にご相談することをお勧めします。

Q 建設業を自営しています。建設業の許可を受けたいのですが…

Q 建設業を自営しています。建設業の許可を受けたいのですが…

一定規模以上の建設工事を請け負うには、建設業許可を受けることが必要です。
経営者としての経験、技術面での資格、経験などいくつか条件がありますので、専門家にご相談することをお勧めします。

Q 市街化調整区域に息子(娘)の家を建てたいのですが…

Q 市街化調整区域に息子(娘)の家を建てたいのですが…

市街化調整区域には原則として建物を建築することはできませんが、特別な法的基準と条件を満たしていれば、許可を受けて建築することができます。
詳しくは愛知県、市町村などにある担当部署や相談窓口で事前に相談することが大事です。そして、近くの行政書士に相談してみましょう。


悩みを解消する第一歩!

まずはお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ