相続・贈与

相続・贈与

ある方が亡くなったとき、その財産は相続人に移転します。その手続きを「相続」といいます。その財産の中に土地や建物などの不動産に関する権利がある場合、法務局にその名義変更の手続きをする必要があります。この名義変更手続きを相続登記といいます。
しかし、最近では、人生の終焉を自らデザインしたい。最後まで自分らしく生きたい。死後財産をめぐって子供達が争わないようにしたい。等々相続問題は死後のことではなく、人生のラストステージを如何に生きるかに係わる問題でもあります。


相続・贈与

Q 相続登記に必要な書類を教えてください。また、期限はありますか?

亡くなった方の戸籍謄本、除籍謄本などを取り寄せて誰が相続人に当たるのか?まず調べることから始めましょう。相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内ですが、相続登記には期限はありません。

Q 相続人の1人は行方不明ですが、遺産分割協議するにはどうしたらいいですか?

Q 相続人の1人は行方不明ですが、遺産分割協議するにはどうしたらいいですか?

家庭裁判所において、不在者の財産管理人の選任を受け、更に、許可を得たうえで、この不在者財産管理人を加えて、他の共同相続人と共に遺産分割の協議をする方法があります。

Q 遺言について教えてください

Q 遺言について教えてください

自分の意志を、残された相続人等へきちんと伝える方法です。
法律によって相続人などに従わせることのできる内容は制限されますが、亡くなった後も、自分の財産を自由に処分することができることを意味します。
遺言の種類には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言、等があります。

Q 子供や孫に生前贈与して財産を譲りたいのですが…

財産を無償で譲ることを贈与といいます。財産を贈与されると贈与税が課税されます。
しかし、贈与税には、住宅取得資金贈与、相続時精算課税制度の贈与、夫婦間贈与、教育資金贈与、等様々な特例がありますので、特定の方(親族)に財産を譲りたいときには活用されることをお勧めします。


悩みを解消する第一歩!

まずはお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ